スマホ育児ってどうなの?乳幼児のスマホやタブレットとの付き合い方について

スマホの動画を見る

この記事のテーマは【スマホ育児ってどうなの?乳幼児のスマホやタブレットとの付き合い方について】です。先日、小児科に行った際、「病気で外出れないからってゲームとか動画をずっと見せていちゃダメだよ!」と言われ、乳幼児のスマホの使い方について、どんな影響があるのか気になった私…。
早速調べた結果を紹介していきます★

スポンサーリンク


はじめに…

誰しもが携帯(スマホを含む)を持つのが当たり前となった現代。
携帯の大手キャリアメーカーからは、キッズ携帯やシニア向けなどが出ており、幅広い世代が生活必需品として使用しています。

その為、最近よく飲食店や公共の場所(電車等)で子どもにスマホやiPadで動画を見せているご家庭を良く見かけます。
色んな人が集まる公共の場なので、うるさくするより良いなど賛否両論あると思いますが…。

移動時間やお喋りの間、ずーっと見せておいていいのか私は疑問に思います。
(時間を決めたり、一緒に見るならと思いますが、乳幼児でも1人でずっと見せている場面をよく見かけるので)

そうやって、《乳幼児にスマホを渡して遊ばせておく》《親がスマートフォンを操作しながら育児する》することを最近はスマホ育児スマホ子守とも言われています。

もちろん、これだけネットが当たり前になった時代なので、メリットもあるでしょう。
一方でデメリットもあるのではないかと思います。

そもそも、乳幼児にスマホやタブレットを使っている保護者の方の半数以上は、子どもの心身に影響がないか等、心配しているという総務省が発表しているデータもあります。

平成27年7月 総務省情報通信政策研究所
⇒ 未就学児等のICT利活用に係る保護者の意識に関する調査報告書

そこで…!
色んな観点から、育児にスマホを利用することについて考えていきます!!!


スポンサーリンク


乳幼児はどんな時、どんなことをスマホで行なっているのか?

そもそも、乳幼児は完璧に文字が読めるわけでもないし、スマホで何をしているのか?
気になりますよね…。。。

『子どもたちのインターネット利用について考える会』が未就学児の生活習慣とインターネット利用に関する保護者意識調査結果を2016年に行なっています。

非常に興味深いデータばかりですので、お時間がある方は是非覗いてください。

『子どもたちのインターネット利用について考える会』
⇒ 未就学児の生活習慣とインターネット利用に関する保護者意識調査結果

  • 調査期間:2016 年
  • 調査対象:第一子に未就学(0 歳から 6 歳)の子どもをもつ保護者
  • 有効回答数:1,149 件
  • 調査方法:ウェブアンケート方式

このデータから見ると。

【情報通信機器の利用開始年齢】

  1. 【2歳から】26.2%
  2. 【1歳から】23.6%
  3. 【0歳から】9.6%

つまり、ほぼ6割の子どもが2歳までに情報通信機器の利用を始めています。

【乳幼児の機器利用の内容】

  1. 【0~2歳】機器の中にある写真や動画の閲覧、ネット上の動画閲覧
  2. 【3~6歳】ネット上の動画閲覧、ゲーム、知育アプリ

【子どもが機器を使う場面】

  1. 子どもが使いたがるとき→44.4%
  2. 親が家事などで手を離せないとき→31.7%
  3. 親子で一緒に→25.9%
  4. 自家用車で移動している時→23.1%
  5. 子どもが騒ぐ時→21.4%

【子どもにネットを使わせる理由】

  1. 子どもの機嫌が良くなる→53.7%
  2. 保護者の手離れの時間ができる→40.4%
  3. 機器に触れたがる→27.5%

などのデータが出ています。
ネットの動画は、もっと割合が大きいのかと思いきや、意外と機器の中の写真を見たりが多いのに驚きました。
我が家も、昔撮った写真を娘と「ここ行ったねー」と見ながら話をすることもあるので、そういう家庭が多いのかなと。

ただ、やはり2歳までに6割の子が情報通信機器、つまりスマホを使っているというのは、 ひと昔前までは考えられなかったことですね。
時代的にネット社会であるのは間違いありません。なので、乳幼児期にどのように適切にスマホと付き合っていくのかが大切かと思われます。
早速、次に適切に使えているかチェックしていきましょう!

ご自身&我が子のチェック!

乳幼児にスマホを見せていても、何となく不安を感じる方…!
まずは、適切にお子さんとのスマホを使えているのか?環境は整っているのか?
チェックしてみましょう!!

『子どもたちのインターネット利用について考える研究会』
⇒ 乳幼児とスマホ 保護者のためのセルフチェック

いかがだったでしょうか…?
私自身も、実際に反省する点がいくつかありました。

例えば、『子どものお手本となる使い方を心掛けていますか』という項目。
我が家は基本的に電車移動なので、乗り換えなどを調べる時についつい歩きながら調べてしまったり…。
子どもは、そういう姿を見ているだろうし、気をつけなきゃなと大反省です…。。。

スマホ育児のメリット

先にチェックをしたことで、後ろめたい気持ちになっている方もいるかと思いますが、もちろんスマホ育児=悪、というわけではありません。
後で詳しく述べますが、要は【使い方】だと思うのです★

そこでスマホを乳幼児で使うメリットは何か調べてみました!

  • 静かな場所や騒いではいけない所で、大人しくできる
  • しつけや教育アプリが充実している
  • 旅行や移動の時にあやすための荷物が減る

などでしょうか。
やはり、【スマホを使うことで子どもが大人しくなる!】のが最大のメリットでしょう。

私は基本的に、公共機関でまだ娘達にスマホを使わせたことはありません。
が…。次女を妊娠中で、長女が2歳になりたての頃。曾祖母が危篤状態になり、病院通いが増えた時期がありました。
もちろん、飽きさせないために色々なグッズを持っていきましたが、病室では10分が限度…また、通夜葬式の際には妊婦の身体では限界の時がありました。
そんな時、従兄弟が娘に一緒に動画を見せてくれて、「使い方次第なのかな」と思ったことがあります。

スマホ子守のデメリット

おそらく皆さんが気にしているデメリット。
それがこちら。

  • スマホ依存症やゲーム、ネット依存症になる危険性がある
  • 視力が低下する
  • 親子のコミュニケーションが減る(コミュニケーションが減ることにより、言葉の発達などに影響が出る)
  • 睡眠が浅くなる
  • スマホの電磁波が赤ちゃんに安全かは様々議論されている
  • インターネットで、有害なサイトに接続する可能性や課金する可能性がある

などでしょうか。
スマホ依存は現代人に多く、通院している人もいるとか。

また、娘の友達でも良く聞くのが、『子供が勝手に電話かけちゃった』『勝手に購入していた(メルカリなどのアプリ)』です。

こうやって、メリットデメリットで考えると、やはりデメリットが多い気もしますよね。
でも、次に述べますが、使い方次第で、このデメリットは改善される場合もあります◎

乳幼児とスマホを使う時の約束

おもちゃのスマホ

乳幼児とスマホについて、データやメリット・デメリットを述べてきましたが、今後、死ぬまでスマホと関わらないで生きれるかというと、それは無理でしょう。
今後、もっと情報化社会になり、スマホを始め、情報通信機器を使うのが当たり前の時代に…。

そんな時代なので、以下のようなスマホを使用する際の約束を子どもとし、守っていくことが大事かと思います。

  • 家庭で(必ず夫婦揃って)スマホを使う時のルールを作る
  • 使用する際は、子どもに一方的に与えるのでなく、話しかけてコミュニケーションを取る
  • 利用は15~30分ほどで必ずやめさせる
  • 出来るだけ目を離し、寝る前など夜間の利用は控える
  • 動画などは、子ども向けのものしか映らないアプリにする

そんなに難しい約束ではないかと思います。
スマホ育児の1番の問題は、親が乳幼児にスマホを与えて1人で動画を見せたり、長時間使わせることです。
そこだけ意識をし、親子で使ったり、しっかりルールを決め、短時間楽しむならば、親にとってメリットもあるかと思います♪

ちなみに、我が家は、一時期スマホを貸して貸してという時期がありました(次女出産直後)
自分だけに構ってもらえない寂しさがあったのかもしれません。。。

もちろん、我が家のルール通り使用していましたが、おもちゃのスマホ(カメラの音がしたり、音楽が流れるもの)を買ったら、【自分のスマホ】という気持ちが嬉しかったのか、どこ行くにも持ち歩き、大人のスマホを貸してと言わなくなりました。

興味がスマホ以外(おもちゃ)にいき、心が満足したのかなと思います。
お子さんが依存になる前に、パパ・ママで一度、スマホやタブレットの情報通信機器とどう付き合わせるか話してみてくださいね♪


以上、【スマホ育児ってどうなの?乳幼児のスマホやタブレットとの付き合い方について】でした。

どんどんスマホやタブレットが当たり前になってきている現代。乳幼児にただ与えるのでなく、使い方を夫婦で共有し、子と親、お互いに気持ち良く使えると良いなと思います◎

この記事はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です