子どもと公園に出掛けよう★《城北中央公園編》

城北中央公園

この記事のテーマは【子どもと公園に出掛けよう★《城北中央公園編》】です。

野球場や陸上競技場などがあり、スポーツの公園と言われている城北中央公園。でも実は子ども向けの遊具も多くある上に、広いので走り回って遊ぶのに最適◎私も自転車で娘を連れて遊びに行きます☆

そこで城北中央公園の魅力や子どもと遊ぶのに適した場所を紹介していきますね♪

城北中央公園の基本情報

まずは城北中央公園の基本情報です!

《場所》

城北中央公園とは、東京都練馬区の氷川台、羽沢、板橋区の桜川、小茂根にある都立公園であり、城北地区最大の総合運動公園です★

元々は防空緑地の土地で、その後公園として整備された場所なので、とにかく広いのが特徴。

《交通》

  • 東武東上線「上板橋」駅南口下車 徒歩15分
  • 東京メトロ有楽町線・副都心線「氷川台」駅下車 徒歩20分

正直言うと、どちらの駅からも結構な距離離れています。

しかも、この公園自体かなーり広い&急な坂などもあるので、小さい子どもを連れて行くなら、ベビーカーで行くのがオススメです◎

我が家は、いつも城北中央公園まで自転車で行くのですが、公園内を移動するのにも自転車で移動する程です。

また、車で来る場合は、有料ですが駐車場が66台(うち身障者用2台)あります。

広い公園なのに、駐車場は狭い…。車では行ったことないのですが、土日は、結構混んでいるイメージです。特に花見のシーズンは、朝早く行かないと空いていません。

なので、近場の方は自転車が1番オススメですよ◎

《入園料》

無料です♪しかし、野球場やテニスコートなどスポーツ施設では、有料のゾーンもあります。

詳しくは、公園のホームページに書いてありますので、ご確認下さい。

⇒ 城北中央公園ホームページ

《開園日》

常時開園しています。
ただ、年末年始などはサービスセンター等はお休みです。

子どもの遊び場★1《わくわく広場》

城北中央公園

乳幼児のお子さんをお持ちなら、是非このわくわく広場がオススメ☆

最大の特徴は、このわくわく広場自体がフェンスで囲われているので、目を離した時に子どもが何処かに行ってしまう心配がない!!!

もちろん、目を離さないことが大前提なのですが、兄弟で連れて行ったりする場合って、必ずしも同じ遊びで遊ぶわけではないですよね。そんな時でも、このわくわく広場は目が届くので安心です♪

わくわく広場説明とフェンス

し・か・も…。

7歳未満っていう年齢制限まであるのです。小学生以上になると、全速力で走り回ったりボール投げも結構な速さで投げていたりしますよね。

もちろん、発達からして当たり前の光景なのですが、乳幼児を持つお子さんのパパ・ママからしたら、「我が子にぶつからないかな…」と心配になりますよね。

でも、このわくわく広場なら大丈夫★

遊具自体も、ゾウさんの滑り台や、砂場、小さめのザイルクライミングなど、保育園や幼稚園にありそうな乳幼児向けの遊具。

だからと言って、狭い訳ではないので、のびのび遊べますよ♪

また年齢制限をしていることもあり、未就園児が比較的多いです。ので、年齢が近い子とお友達になることも◎

子どもの遊び場★2《児童公園》

児童公園

城北中央公園には、この児童公園と名がつく公園が2つ存在します。

  • 1つ目は、先程紹介したワクワク広場に隣接している児童公園。
  • 2つ目は、わくわく広場からは少し遠い、こども広場の隣にある児童公園。

2つ目の方は、わくわく広場から1度歩いたことがありますが、子どもの足だと30分かかりました。。。

城北中央公園は、とにかく広い分、遊ぶ場所を予め決めてないと移動で結構体力使います…。

話を戻しますが、児童公園には比較的遊具が新しい(2015年オープン)上に、少し珍しい遊具が点々とあります。

新しい遊具の紹介はこちら↓
⇒ 東京都公園協会 城北中央公園のページ

安全面などから、最近は昔ながらのシーソーなどが次々と撤去されているので、娘はここで初めてシーソーに乗りました♪

地球儀なんかの遊具も、今見ないですよね。

普通の公園では見ないような遊具が多いので、娘はワクワク広場に飽きると、こちらで長く遊んでいます。

昔ながらの遊具がありつつ、安全面もしっかり考えられて作られている様なので、安心して遊ばせることができます♪

子どもの遊び場★3《芝生や樹木》

城北中央公園は、とにかく樹木が沢山あり、夏でも木陰は涼しいです。

それもそのはず…!何とサクラやイチョウをはじめ、樹木の数が9000本以上!!!

これだけ木があると、季節の風景を楽しむことができ、散策に来ている方も多くいます。

子どもにオススメなのは、秋のどんぐり探し★

定番のクヌギやコナラなど、沢山のどんぐりが落ちています。拾って楽しむのも良し◎それを持ち帰って、工作に利用するのも良し◎

松ぼっくりなども落ちているので、様々な手作り工作が、楽しめますよ♪

また、城北中央公園は、芝生があちらこちらにあります。
芝生は転んでも痛くない♪ので、乳幼児にオススメ。時間がある時は、柔らかいソフトボールなど持って行って遊びます。

広い割に、土日も混み混みしている感じでもないので、芝生で走り回って遊ぶこともできますよ◎

犬を飼ってるファミリーならば《ドッグラン》

実は、この城北中央公園、都立公園では珍しく、ドッグランが出来るのです★

なので、園内には犬を連れている方が多くいます。しかも、登録制ですので、ドッグランに来る方は、ちゃんとルールを守っている方が多い印象です。

登録さえちゃんとすれば利用料も無料♪

お子さんもワンちゃんも思い切り楽しめる公園は、城北中央公園の魅力ですね。

娘も「ワンワン!」と犬を見るたびに喜びますが、大人の私でも、色んな種類の犬がいるので見るだけでも楽しいです♪

城北中央公園のホームページにも詳しく乗っていますが、ドッグランの管理運営をしているボランティア団体のサイトを見ると詳細が良く分かりますよ♪

⇒ “城北DOG WAN”の公式サイト

おすすめ昼食《城北中央公園売店》

莫大な広さの城北中央公園ですが、公園内には売店が1つしかありません。ただ、比較的、食べ物や飲み物が揃っています。

ラーメンや焼きそばなどをはじめ、もちろんパンなどの軽食も◎
オススメは、カレーパンやあんドーナツのようで、売店には珍しく、その場で揚げてくれるとか♪

ただ、全て手作りというわけではないです。お腹いっぱい満たすというよりは、あくまでも軽食のイメージです。

ちなみに、定休日もありますので注意!

【公園内売店の営業時間】

  • 3月~11月→9:00~17:00
  • 12月~2月→9:00~16:00
  • 定休日
    • 12月から2月まで毎週火曜日定休日
    • 年末年始

オムツ替え&授乳室情報

乳幼児を連れて行く際に必ずチェックするのが、オムツと授乳室…!

授乳に関しては、設備が無い公園ばかりですが、なんとこの城北中央公園は、サービスエリアで係の人に声をかければ授乳可◎

公園内にある所は本当少ないので、助かりますね♪また、同じくサービスエリアでは、オムツ替えもできます。

その他にも、多目的トイレが2箇所あるので、オムツ替えができます◎

⇒ 園内マップはこちら


以上、【子どもと公園に出掛けよう★《城北中央公園編》】でした!

とても広い敷地の城北中央公園。乳幼児を連れて歩き回るのは大変です。記事を参考に、どこで遊ぶのか決めて行かれると良いと思います◎

また、この公園は季節によって風景が異なるので、お子さんと四季を楽しむも良いですね♪

この記事はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です