赤ちゃん本舗のおしりふきリニューアル後はにおいがする?他におすすめは?【検証済】

薄さ比較

我が家は長女、次女と約3年半赤ちゃん本舗のおしりふきを使っていました。

リニューアルのお知らせが2018年の12月にあったようですが、その前にリニューアル前のお尻拭きを大量注文(送料無料にする為)していたので、リニューアルに気づいたのは、つい最近……!

パッケージや枚数が減っていたり、かなり変化していたので、今回、リニューアルした赤ちゃん本舗のおしりふきについて徹底的に調べてみましたよ☆

【関連記事】
↓主なメーカーのオムツを比べた記事はこちら♪
⇒ オムツ大調査★市販8種類の比較!

【赤ちゃん本舗のおしりふき】リニューアル前のよかったところ

私が何故、赤ちゃん本舗のおしりふきを使い続けていたかというと、出産した友達や先輩ママが「おしりふきは、赤ちゃん本舗のがオススメだよ~!」と揃いに揃って、赤ちゃん本舗製品を紹介をしてくれたから。

そして、試しに使ってみると、確かに使いやすい上に量が多くてコスパが良い◎
リニューアル前のは100枚入りのが、16個入りで税込1,830円で購入できました。(長女出産の2015年)

つまり……。1枚1.14円!!!

その上、

  • 厚めで丈夫
  • 水分たっぷり
  • 一枚一枚取れる

おしりふきを比較する時に重要な【厚さ】【水分量】【取りやすさ】【コスパ】が個人的にパーフェクトでした。

なので、赤ちゃん本舗のおしりふきを浮気もせずこれ1本を長いこと使っていました。
しかし、最近の赤ちゃん本舗のおしりふきを使ってみてはもちろん、何だかレビューを見てみると酷評がチラリ。

そこで、酷評を含めて、どんなところがリニューアルして変わったのか次に紹介していきます!

【赤ちゃん本舗のおしりふき】リニューアルして変わったところ

赤ちゃん本舗のおしりふきが、リニューアルして変わったと口コミやレビューで言われているのが以下の4点。

  • 枚数が減った(100枚から90枚)
  • においがする
  • 1枚が薄くなった?
  • 1枚1枚が取りにくくなった

おーっと…。このリニューアルは、マイナスでしかないじゃないか……!
ということで、実際にこの変わった点は本当なのか?自分の目で確かめて検証してみましたよ☆

【検証☆1】枚数が減った?

これは以前の物との写真比較で、すぐ分かるので写真を載せます。

↓リニューアル前とリニューアル後

リニューアル前後

ご覧通り、100枚から90枚に減っています。

ちなみに、値段はそのまま16個税込1,830円です。とはいえ、1個10枚も減るということは、16個入りでは160枚減るってことですからね。。。

1枚あたりは1.14円→1.27円の事実上の値上がりですね。

【検証☆2】においがする?

さてさて、今回の赤ちゃん本舗のおしりふきリニューアルで騒がれたのがにおいの件。
レビューをみると、「リニューアル前よりにおいがする」「においが手にまでつくので心配」などの声が圧倒的に多いのです。

そこで、まずはにおいの元となる成分を調べてみました。

おしりふきの成分

【リニューアル前の成分】

水、ヒアルロン酸Na、乳酸Na、PCA-Na、PEG-60水添ヒマシ油、メチルパラベン、エチルパラベン、セチルピリジニウムクロリド

【リニューアル後の成分】

水、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、グルコシルセラミド、α-グルカン、グリセリン、PCA-Na、PEG-60水添ヒマシ油、安息香酸、安息香酸Na、セチルピリジニウムクロリド

なるほど。
リニューアル前とリニューアル後ではだいぶ成分が変わっているようです。

ちょっと専門的な成分ばかりなので、私がどうこう説明できないのが残念ですが、皆さんが気になっている【におい】は、リニューアル前には入ってなかった《加水分解ヒアルロン酸、グルコシルセラミド、α-グルカン、グリセリン、安息香酸、安息香酸Na》の中のどれかなのでしょう。

そして、あくまでも個人的な感想ですが……。
確かにリニューアル後の赤ちゃん本舗のおしりふきはにおいがします。

こうやって比べてみると、リニューアル前が無臭に近いので明らかに分かります。

ただし…!!!
別に“くさい”とは個人的に思いません。

においって言っても、何か乳液に近いような感じのにおいです。においが敏感な人は、触っただけで、においに気付くかもしれませんが、私はリニューアル後のおしりふきを使っても、手や娘にそのにおいがついたと感じたことはありません。

においの感じ方も人それぞれですからね…。
とはいえ、無香料と書くならば(パッケージに書いてある)、一言説明があっても良かったように思います。。。

【検証☆3】1枚が薄くなった?

まず、おしりふきのリニューアル前もリニューアル後も寸法が書いてありましたので、そちらから。

【リニューアル前の寸法】200mm×140mm

【リニューアル後の寸法】200mm×140mm

寸法は一緒でしたね。
そして、薄さは写真をご覧下さい。

薄さ比較

うーん。言われてみれば、確かにリニューアル後の方が薄いかも?
いや、でも正直比べてみても良く分からないです。これは薄くなったとは断言できませんね。

ちなみに、公式サイトでは、【リニューアルのポイント】として、不織布の調達を海外に広げると書いてあります。(海外ってどこだろう…)

累計販売数3億パック(※)を突破した大ヒット商品「水99%Superシリーズ」の安定した供給と品質向上のため、不織布の調達を、海外に広げます。厳選した良質な不織布を調達し、生産においては従来通り日本国内の工場にて生産します。

引用元→https://www.akachan.jp/company/news_release/article/super.html

でも、生産自体は日本国内の工場とのことで、リニューアル前と変わらないので、薄さは気のせいかも…?

【検証☆4】取りにくくなった?

これは、私も薄々感じておりました。

リニューアル前のおしりふきは、割と1枚1枚取れて、無駄がなかったのですが、どうもリニューアル後のは、たまに、2枚連なってついてくる。

おしっこの時とか、1枚で良い時に、もう、1枚ついてきちゃうと「あぁ…出ちゃったなら使っちゃえ」ってなるんですよね。。。

「きっと、取り出し部分の大きさを変えたんだろう!」と、実際に取り出す所の丸い部分の直径を図りましたが、実はリニューアル前と後では一緒でした。

つまり、取りにくくなったのは、おそらく気のせい(笑)
もしくは、成分は変っているので、1枚1枚がくっつきやすくなったか?

他のメーカーに変えるならどこがおすすめ?

赤ちゃん本舗のおしりふきについて、検証してきましたが、確かにリニューアル前と後では、成分をはじめ結構な変化が見られました。

個人的に大きいのは、90枚に減ったこと。。。

せめて徐々に100枚→95枚ずつとかだったら、客離れも少なかっただろうにと消費者の立場的には思いますが……。。。

もし、この記事を読んで頂いて、「あっ…赤ちゃん本舗のそんなにリニューアルで変わってたなら、試しに他のメーカーも試してみようかな」という方は、

GOON(グーン)の肌にやさしいおしりふき

グーン 肌にやさしいおしりふき 詰替用 840枚(70枚×12個) 【ケース販売】


グーン 肌にやさしいおしりふき つめかえ用(70枚x12コ入)【KENPO_09】【イチオシ】【d2rec】【グーン(GOO.N)】


グーン 肌にやさしいおしりふき 詰替用 840枚(70枚×12個) 【ケース販売】

がオススメ。

いろんな視点があると思うのですが、グーンのおしりふきは、【コスパ】【水分量】の点が優れており、特に赤ちゃん本舗のおしりふきを使われていた方は、水分たっぷりのシートなので、いきなり他のメーカーに変えると物足りなさを感じるかもしれません。

しかし、グーンは同じく純粋99%なので、みずみずしいです!
ちょっと薄いですけどね…。。。

近々、おしりふきの比較記事も書きますので、迷われている方は、そちらも参考にして下さい☆

まとめ

赤ちゃん本舗のおしりふきについて、検証してきました。

食品もどんどん値上がりやお値段据え置きで内容量が減ったりしているので、枚数削減などは気持ちも分かるのですが、今回のリニューアルで、皆さん残念に思ってるのが【告知がなかった】ことなんですよね。。。

納得してもらうには、前々から、こういう理由で枚数を減らしますやら、保湿成分を変えます的な一言あれば、こんなに酷評も増えなかった気がしますが…。

とはいえ、やはり赤ちゃん本舗のおしりふきは、みずみずしくて、使いやすい!!!
枚数減りましたが、コスパもそこまで悪いわけではないでふし、においもキツイにおいではないので、個人的にはまた買っても良いと思っています◎

迷われている方は、おしりふきの比較記事もどうぞ♪

【関連記事】
↓主なメーカーのオムツを比べた記事はこちら♪
⇒ オムツ大調査★市販8種類の比較!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です