入園グッズ(準備品)は作るか買うか?手作りのコツは?市販や外注もあり?

手芸屋オーダー表

幼稚園入園が決まって安堵したのも束の間、幼稚園から入園グッズ、いわゆる【幼稚園入園準備品】の手紙が配られて、憂鬱になっていませんか?

実は私もその一人。幼稚園教諭だからといって、決して裁縫が得意な方ではなかったので、親になり、娘の入園準備品の手紙を見て焦りを感じています。

そこで、これから入園グッズ(準備品)を揃える人の為に、おすすめのミシンや作り方のコツ、市販品や外注オーダーメイドなど色々な情報を得てお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク


入園グッズ(準備品)って何を作るの?

入園グッズ(準備品)でも、この記事で紹介するものは、あくまでも【手作りするもの】

従って、お弁当箱だったり、クレヨンだったり、園で購入したり、市販で売っている入園準備品は除きます。

前書きが長くなりましたが、一般的に幼稚園で必要な手作り品は……!

  • 絵本バック
  • 上履き入れ
  • お弁当入れ
    (箸入れやスプーン・フォーク入れ)
  • コップ入れ
  • 体操服袋
  • 紐付きタオル

 

などでしょうか。

幼稚園によって異なるので、雑巾やピアニカ袋入れ、防災頭巾入れなどが必要なところもあります。

幼稚園入園前に、説明会があったり、プリントが配られるはずなので、必ず確認しましょう。

サイズが指定されている園もあるので、あまり焦りすぎて早めに取り掛かると、サイズが異なり後悔することも……!


スポンサーリンク


入園グッズ手作りにミシンは必要?

結論から述べると、上記の入園グッズを手作りする場合は、ミシンが必要です。

手縫いは、基本的に1本の糸で縫います。一方、ミシンは上糸と下糸の2本の糸を絡ませて縫うため、丈夫でほどけにくいです。

丈夫なのはもちろんですが、ミシンを使う方が、縫うスピードが早い!

市販のタオルに、持ち手をつけるくらいなら手縫いで十分ですが、上記で挙げたような絵本バッグや上履き入れなどを作る場合、生地も厚いですし、縫う箇所も多いので、確実にミシンが必要です。

「はぁ…やっぱりミシン買わなきゃダメか…」と思われている方……!

そんなに使う頻度もないならば、手頃な値段で且つ、簡単に縫えるミシンが出ていますよ♪

私のような裁縫嫌いの初心者の方の為に軽くミシンの紹介をしていきますね。

初心者におすすめのミシンは?

ミシンには、大きく分けて「コンピューター」「電子」「電動」の3つの種類に分かれています。

初心者にオススメなのは、コンピュータミシン。

コンピューターミシンは、ボタンを押すだけで簡単に縫い目やらスピードやらの設定ができるので、初心者にも扱いやすいミシンです!

家庭科の授業で、何度やっても上手くいかなかった(私だけ…?)下糸のセットも楽々できます。

もちろん、我が家のミシンもコンピュータミシン★
手頃なのだと1万円~5万円ぐらいで出ています。

正直、そんなに作る頻度が無い初心者ならば、1~3万円ぐらいのミシンで十分です。

私のも、ネットで買った2万円程のミシンですが、ちゃんと生地の下処理をするジグザグ縫いを始め、スピード調節はもちろん、そこそこの機能は付いています!

予め楽天やAmazonなどのレビューで使い勝手を調べておくと安心ですね♪

↓現在、楽天とAmazonそれぞれのベストセラーはこちら。


楽天ランキング3冠・優良ショップ受賞★レビュー27,222件 ブラザーコンピューターミシン PS202/PS203/PS205 フットコン付 ミシン 本体 初心者 コンパクト 簡単 【5年保証】


brother コンピューターミシン CPV7102(OB500)

↓ちなみに私のミシンはこちらです。
【JAGUAR ジャガー コンピューターミシン CC-1101】【5年保証】【送料無料】

ジャガー コンピューターミシン CC-1101

ただ…裁縫は得意でないし、今回使って押入れにしまうだろうという方には、ミシンのレンタルという素敵なシステムもありますよ♪

ミシンレンタル屋さん
https://mishin-rental.com/

手作りの際に気をつけることやコツ!

ど素人がコツなんて…と思いますが、幼稚園で働いていた時代の経験として、折角なので言えることだけ少々ご紹介します!

まず、布地に関してですが。

  • キャラクターの布を選ぶ場合はは3年間使えるキャラクターか良く考えよう!
  • お友達と被ったりしないか?被りそうな場合は、自分の物だと子どもが分かりやすいように、目印のボタンなどをつけると◎
  • 小さすぎると、指定のものが入らない場合があるので、必ず指定通りの大きさで。

そして、コツは

【頑張りすぎない】
【子どもの使い勝手が1番】
【作る際は時間の余裕を持って】

ですね。

ついついほかのママが作った物を見てしまったりすると、「うちも可愛くしてあげなきゃ」「内ポケットつけていると便利かしら」と焦ったり、色々凝ったものを作りたくなります。

もちろん、裁縫が得意なら問題ないのですが、初心者がアレもコレもと頑張りすぎると負担になるだけです……。

働いていた時代に、中の内ポケットがついていても、使っているかというと正直…。そもそも幼稚園にそんな細かい物を持っていかないので、シンプルが1番かと個人的に思いますよ☆

目印やら、ちょっと小物をつけたいなら、100円ショップにも、様々材料が売っています。

さすがに生地は無理ですが、持ち手などは100円ショップは、手芸屋さんよりも安く売っているのでオススメですよ☆

100円ショップ

また、なかなか気が乗らないからと、あと伸ばしにしていると、どうにも修正できなくなった場合などに間に合わなくなる危険性があるので、できれば入園前の3月中には終わらせたいところ!

参考までに…。

私は子どもが寝てから、毎日2時間程を約1週間で絵本バッグ、上履き入れなど、主なものは終わりが見えました◎

ちなみに、ど素人なので、入園グッズの本を購入し、睨めっこしながら作りました。

↓私が買った本はこちらです。


お母さんが作る通園通学&バザー小物 (私のカントリー別冊)

ネットにも作り方は沢山載っていますが、本だと、色んなパターンや型紙もついているので、超初心者は、本を買うのがオススメです!!!


新版 通園・通学グッズの超きほん ― ソーイング初心者に向け丁寧に解説! (主婦の友生活シリーズ)


はじめてのママでも作れる通園・通学グッズ

手作りしなきゃダメ?

ここまで読んで下さった方の中には、「こんなに大変なのに、今時手作りしなきゃダメなのかなぁ……」と思われ方もいるでしょう。

はい、私もその一人です!!!

その上、入園準備品の手紙をもらうとママ達で話題になるのが「何の柄にする?」「どこに買いに行くー?」という話で盛り上がります。

そう、ママ達では手づくりで作るのが当たり前なのですよ。そりゃー好きな柄で作った方が、子どもも喜びます。そして、子どもに選ばせることで、大事に使ってくれるというメリットがあります。

でも、

  • 下の子の育児に追われて、とてもじゃないけど、手作りしている時間はない。
  • 仕事をしているから、手作りしてあげたいけど、仕事と育児に精一杯。

そんな方々がいるのは当然だと思います。

私も正直、下の子の夜泣きが続いたら、手作りは断念しようと思っていました。

今は便利な世の中です。完全に市販品もありますが、好きな布地を選んで、オーダーでお願いする手もありますよ!

ちなみに、完全な市販品も、スーパーで売っていたり、生地屋さんで売っていたりするので、サイズさえ合えば、簡単にゲットできます☆

しかも、そこまで高くないです。

生地を買って、作った方が確かに安いですが、本当にシンプルなものであればレッスンバッグでさえ700円~1000円程度で売っています(ピンキリですが)

市販品

外注やメルカリでオーダーする手も!

「市販品もいいけど、やはり子どもには好きな生地で作ってあげたい!」

そんな方は外注がオススメです。

手芸屋さんでも、外注を受け付けていましたが、近くに手芸屋さんがない方は、メルカリなどのネットでもオーダーオッケーな場合も◎

参考までに、我が家の近くの手芸屋さんのオーダー用品の値段をお伝えしますね♪

  • レッスンバッグ→税込2,160円
  • シューズケース→税込1,512円
  • 体操服入れなどの巾着→税込1,080円
  • コップ入れなどの巾着→税込864円
  • お弁当袋→税込1,080円

※あくまでも加工料金で、生地屋パーツは店内の商品から選び、自分で別途購入です。

ただ、ギリギリに頼むと間に合わない可能性があるので、「作らない!」と決めたらいち早くオーダを頼んだ方が安心です。

メルカリなどのネットでは、好きな生地を送って下さいという方も居ますし、この中から好きな生地を選んで下さいという方も居ます。

大勢の方が出品していますので、評価などをよく見てご自身が納得した方で頼むのが安心です!

値段も出品者によってピンキリで、レッスンバック&上履き入れがセットで1500円~3000円ぐらいです。

まとめ

ミシンを使って何か作るのは高校生以来!なんていう方も沢山いるでしょう。私はとにかく家庭科の時間が嫌いで、家庭科の先生に泣きついては、縫ってもらっていました……ので、今回の幼稚園入園準備品は本当に辛かった…。。。

でも、作ったら娘が「わぁーママ凄いねー!ありがとう!」と言ってくれ、頑張った甲斐がありました。今は便利な時代なので、こんな方法もあるよという事で、色んな形を紹介しました。参考になれば幸いです☆

(おわり)

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です