なぜ?寝る前にお茶を飲みたがる子供。原因や適量、わが家の例

寝ている子供

夜寝る前になると、小さい子供は“お茶”や“お水”を飲みたがりませんか?

食事が濃かったわけでもなく、部屋の温度も高くない。しかし、歯磨きをして、「さぁ、寝るぞ」という時に毎度「お茶飲みたいー」の声。しかも、我が家は長女が飲めば次女も欲しがる。

親としては、夜飲みすぎるとトイレやオムツのおしっこ漏れの不安がよぎりますよね。
そこで、子供が何故寝る前にお茶を飲みたがるのか色んな角度から調べてみましたよ☆

何故、子供は寝る前にお茶を飲みたがるのか?

人間の身体の約60%は水分だと言われているのはご存知かと思いますが、実は子供は大人と違って、新生児は80%、乳児は70%が水分だと言われています。

子供の方が身体が小さい割に水分量が多いので、大人よりも喉が乾きやすいのです!

その上、成長するために新陳代謝を繰り返すので、水分が多く必要だと言われています。

昼間は、小まめに水分補給している保護者も多いと思いますが、実は人間は夜寝ている時間も、大量の水分を失っています。

汗や呼気などから相当な水分を失っており、その量はコップ1杯(200~500ml)にも及ぶとも言われています……。

つ…ま…り…!!

新陳代謝が活発な子どもは、もちろん夜も大量の水分が失われているわけで。
寝ている間に大量に発汗する分、しっかり補給しておくことも大事なのです。(もちろん量など個人差はありますが脱水を防ぐためにも)

ここからは、私の憶測ですが……。

小さいなりに、身体が夜失われる水分を寝る前に欲しているのではないかなぁと思いました。
人間の身体って、本当よく出来ていますからね。「夜、失われる水分貯めなきゃ!」的なシグナルが脳にいくのかなぁ。なんて。

だから、寝る前に「お茶飲みたい」「お水飲みたい」と言う子供が多いのかなと調べていて思いました。

寝る前に飲ませて良い量は?

前項で、夜寝ている時に水分が失われていることや脱水を防ぐ為にも水分補給しておくことの大事さが分かりました。

ただ、子供によっては、欲しがるからとお茶をあげればあげるほど飲んでしまう子も居ますよね(特に暑い夏など)

余りにも飲みすぎると、今度はおねしょやオムツの心配がよぎります。
では、「寝る前に水やお茶を飲ませて良い適量は?」ということで、早速調べてみました。

まず、重要なのは、子供は内臓機能が未発達なので、【一度に多量のお水を摂取することはNG】

内臓への負担を考慮して、ゆっくりコップ半分程度?1杯程度(150~200ml)の水分摂取で充分とのこと。

ただ、年齢や体格によっても、量は異なります。

↓例
水分量の目安(保育園や幼稚園などで使うプラコップに150ml、アンパンマンのコップに200ml入っています)

また、参考までに、1日に必要な水分量(体重1kg当たり)を載せておきます。

  • 新生児→50~120ml
  • 乳児→120~ 150ml
  • 幼児→90~100ml
  • 学童→60~80ml
  • 成人→40~50ml

3歳の長女は体重16kgなので、1日1.44L~1.6Lの水分が必要なことが分かりました。
こうやって、数字で出してみると毎日の目安が分かりやすいですね!

また、寝る前の水分を取る時間は、寝る直前はなるべく避けた方が良いそう。就寝中は腎臓の機能も低下するので、せめて、寝る30分くらい前がベストなようです☆

この事実を知ってから、我が家では、
歯磨き→水を飲む(150ml)→最終オムツ取り替え→長女絵本→次女絵本→就寝
という流れにしたら、時間的にベストでしたよ☆

夜飲む前にオススメの飲み物

子供が飲むものなので、基本的にはお茶や水を飲ませている方が多いかと思いますが……。

正にその通りで、寝る前の子供に飲ませるオススメの飲み物は

  • 常温の水
  • 白湯
  • 常温の麦茶

です。当たり前ですが、ノンカフェインの飲み物ですね。

ただし、麦茶は、砂糖が入ってないから虫歯に影響はないと言われつつも、歯に微妙ながら着色してしまうことがあるそう。そんなに影響ないと言っている歯医者さんの方も居ますが、心配な方は、水にしておくと安心ですね。

また、昔から、眠れないときは暖かいミルクを飲むと、リラックスして眠れると言い伝えられています。しかし、牛乳や豆乳には糖分が含まれています。つまり…牛乳や豆乳は虫歯の原因になる可能性があるということ。なので、牛乳等を寝る前に飲むのはNG。

寝る前の飲み物は【常温】【少し温かめ】というのもポイント!
寝る前に摂取する水は、体温を下げないことが重要なので、キンキンに冷えたものは絶対NGですよ!!!

NGな飲み物

ここまできたら、皆さんお分かりだと思いますので、寝る前に向かない飲み物を箇条書きでまとめてみました。

【寝る前に飲むのはNGな飲み物】

  • カフェインの入った飲料
  • 炭酸飲料
  • ジュース
  • イオン飲料
  • 冷えた飲料(氷水なども含め)

です。

コーヒーなどを子供に与えることは少ないかと思いますが、実は日本茶や烏龍茶にもカフェインが入っていますので、注意です。

炭酸飲料やジュースなどは糖分が多く含まれていますので、寝る前の水分補給には向かないです。

イオン飲料は、メーカーによって寝る前に飲むことを推奨していますが、ジュースと同じく糖分が入っています。つまり、虫歯のリスクが高いので、寝る前には不向き。

子供の虫歯は進行しやすいので、歯磨きした後に、いくら水分補給とはいえ、糖分が入った飲み物を飲ませるのはやめましょう!

水の飲み過ぎには注意!

「お水飲みたい!」「もっともっと!」と子供の声が余りにも多いという方……。

実は、水分の取り過ぎで『水中毒』という症状があります。

詳細は専門サイトや書籍などでご覧いただきたいですが、小さな子をもつ親御さんはまずは概要だけでも知っておくことをオススメします。

まとめ

これから暑くなると、子供は寝る前にお茶を欲しがるかと思います。今回、調べてみて、決して、欲しがることが悪いことではなく、むしろ寝る前の適度な水分補給は大事であることが分かりました。

言葉が分かる年齢だったら、量を決めて、「寝る前はこの1杯でおしまいね」と毎日、声を掛け続けることで、習慣化できるのではないかなと思います。

長女は3歳なので、プラコップ1杯飲んだら、寝るというのがだんだん分かり、それ以上欲しがることもなくなってきました。

この記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です