今どきの幼児の習い事は?いつから何を?徹底的に調査★

パンフレット

この記事のテーマは【今どきの幼児の習い事は?いつから何を?徹底的に調査★】です。子どもが出来ることが増えてくると、親としては可能性を伸ばしてやりたい気持ちが出てきますよね。

そこで考えるのが習い事★年齢が上がると、友達の影響やらで自分で習い事をやりたいと言うことも……!

そこで、幼児の習い事について、時期や費用など徹底的に調べてみました♪

習い事はいつから……?

まずは、下のベネッセが出しているグラフをご覧下さい。

習い事はいつから

引用元:https://berd.benesse.jp/up_images/research/sokuho_201511.pdf
(比率以外にも、興味深いデータが沢山乗っていますのでお時間ある方は是非)

このグラフを見ると、年によって変動はあるものの、小学校1年生になる前には約8割のお子さんが習い事をしていることが分かります。また、幼稚園に入る前の2.3歳児でも、3割のお子さんが習い事をしています!

私の長女は、来年幼稚園に入る3歳児ですが、確かに周りには習い事をしているお子さんがチラホラ居ます。

ただ、グラフを見ると、習い事をしている子が半数を超えるのは4.5歳
つまり、幼稚園などに入ってからが多いようですね!

何故、増えるかというと……?

  • 保育終了後、幼稚園内で行なっている外部委託の習い事(ヤマハや体操教室、サッカーなど)がある
  • 友達やママ友の影響
  • 幼稚園に入り、体力がついてきた
  • 自我が芽生えて、自分でやりたいと思うことが出てきた

などが挙げられると思います。
(あくまでも個人的見解ですが……)

もちろん、習い事をしなきゃいけないというわけではありません。
だけど、実際には周りがどんな習い事をしているのか?費用は?
気になることが沢山ありますよね!
どんどん紹介していきます♪

未就園児(1~3歳)の習い事

幼児と一言で言っても、習い事によっては、年齢差によって向き不向きが。
そこで、初めは未就園児(1~3歳まで)の習い事についてまとめます♪

また、幼稚園に入る前、2歳になるとプレ幼稚園(園によっては、未就園児クラスやプレスクールと呼んだりもします)に通う子が増えるかと思いますが、今回、習い事にはカウントしません。

ただ、情報として…!

我が家は練馬区ですが、周りの幼稚園でもプレ幼稚園をしている所が何箇所かあります。
長女のお友達でも3人に1人位の割合でプレに通っています。(幼稚園の日常を知れたり、中にはプレに通っている子を優先的に取っている幼稚園もあると聞きます)

話がズレましたが、早速、未就園児(1~3歳)の習い事を紹介していきます★

未就園児が習っている習い事で多いのは、

  • 水泳
  • 幼児教室
  • リトミック
  • 音楽教室(ピアノ)
  • 英語
  • 体操教室

この6つでした。
そして、長女の周りでは、圧倒的にリトミックと体操教室が多いです。
リズム感とか体の柔軟性をということも考えているようですが、実際のママさん達に習わせている理由を聞くと

  • お友達を増やしたい
    (集団行動を身につけたい)
  • 費用が安い
  • 親も気分転換になる

などの理由が挙げられました。
ちなみに体操教室は、近くの区立の施設のホールを使っており、月謝も3000~4000円とお安め!
リトミックも、ピアノがある公共施設で行われており、3500~4500円が周りの相場でした。

我が家は一時期、顔に水がかかるのを極端に嫌がり、毎日お風呂で大泣きだったので、スイミングを考えたのですが……。。。

未就園児(3歳まで)は、親子で一緒に入るベビースイミングが主な所が多く。
我が家は次女の妊娠があったので、断念しました。ちなみにベビースイミングは4000円~8000円位。周りでもチラホラ水泳をやっているお子さんは聞きます。

幼児教室は、現在、長女が通っています。
ただ、幼児教室といっても、幼稚園のお受験対策メインの所やプレ幼稚園のような所など、場所によって色々です。

我が家は、先輩ママに勧められて、近くの公共施設で行なっている幼児教室を見学しました。
母子分離で且つ、幼稚園のように、登園→自由遊び→一斉活動(手作りのおもちゃ作成や運動遊び、リトミックなど)→帰りの支度→降園の流れが幼稚園と変わらずいいな&見学の際に子どもがとても楽しそうだったので、入会を決めました♪

未就園児の習い事は、子どもが選ぶというよりもパパ・ママが選ぶことが大半だと思います。見学したら、絶対に入らないといけないということはないので、まずは興味を持っている習い事に見学に行くことをオススメします♪

園児(4歳~6歳)の習い事

下の図は、未就園児も含まれてしまっていますが、全国で小学生以下の子どもを習い事に通わせている927人を対象のアンケート結果です。

今習っていること

引用元:https://www.keikotomanabu.net/news/entry/20171002/kodomoranking17

このグラフを見る限り、人気は、今も昔もあまり変わらず【水泳】【英語】【ピアノ】【書道】が、人気のようです★
娘ではなく、私自身もちょうど幼稚園に入ったころ、水泳とピアノを習い始めたので、この辺りは、昔から習い事として人気なのでしょう!

英語は、2020年度から、5.6年生に限り、算数や国語と同じ「教科」の扱いになることが決定しています。そのため、吸収の早い幼児期に習う子が多いのではないかと思います。

体操、サッカーなどの運動系は、幼稚園の降園後に、外部の先生が来て、園庭等で行ってくれるケースが多いです。
以前働いていた園では、クラスの半分以上の子の男子がサッカーに通っていました。(理由としては、やはりお友達が通っている、競技を通してチームワークなどを学んでほしいなど)

一方、バレエやダンスは女の子に人気がありますね♪私も園児のバレエを見学したり発表会を観に行ったことがありますが、幼児とはいえ、本格的!また、レオタードに憧れて始める子も多いようです。

ただ、保護者の方から「月謝の他に発表会は、とてもお金がかかるんです……」と話を聞いたことも……!たっ確かに、色んな習い事を経験させてあげたいけど、金額も気になる所!!!

次に費用について、お伝えしていきますよ♪

習い事の費用は?

費用

さて、未就園児(1~3歳)の月謝は、先程少し書きましたが、やはり毎月のこととなると、気になるのが習い事の費用。
『ケイコとマナブ』 2016年 子どもの習い事アンケート に未就学児の習い事数と金額が載っていました★

習い事の費用

引用元:http://www.recruit-mp.co.jp/news/pdf/20160926_02.pdf

幼児の1ヶ月辺りの費用は、9.838円!

つまり、約1万円は習い事の費用として出費しているご家庭が多いのですね。
また、1個辺りの平均は6000円前後なので、個数としては2つくらい習い事を掛け持ちしているのでしょう。

しかも、グラフをよく見ると、小学校高学年になると、月々1万6000円に…!!!
正直、「高っ!」と思いましたが、娘が自分の意見として「〇〇を習ってみたい!」と言われたら、やらせてあげたいよなーと思ったり。グラフもそうですが、近くのスイミングとピアノ教室の月謝価格を見たら、納得。年齢が上がると、習い事1つで費用もだいぶ上がるのですね。

習い事の情報はどこで?

区報、地域紙

大手の習い事施設だったら、ホームページなどにも載っていますし、資料請求も出来ます。

ただ、個人でやっている所は、ネットに載っていないことが多いです。
では、どこで情報を集めるか?

  • 区報や地域の新聞等
  • 公共施設の提示版やチラシ
  • ママ友情報

が有力です。
特にママ友は、基本情報を始め、習わせている生の情報を聞けるので、気になっている習い事があったら、ママ友に相談してみるのがおススメ!

月謝が高い所=良い先生や良い習い事に巡りあえるわけではありません。
特に幼児の習い事は、お子さんだけで決められないので、パパ・ママがお子さんと見学や体験をして、見極めることが大事だと思います!


以上、【今どきの幼児の習い事は?いつから何を?徹底的に調査★】でした!決して安くはない習い事の費用。でも、子どもには、幼児期のうちに様々な経験をさせてあげたい!そんなパパ・ママ達の為に、近年の習い事情報をお伝えしてきました。習い事選びの参考になれば幸いです♪

この記事はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です