ケッターサイクルに5回で乗れた4歳娘の練習方法&実体験レビュー♪

ケッターサイクル

我が家では、4歳の誕生日にケッターサイクルを買いました。

周りのお友達も3、4歳の誕生日で自転車を買ってもらう子が多かったことに加え、既にストライダーをマスターしていたので、自然と次のステップの自転車を考えるように…!

 

最初に結果を述べると、我が家はケッターサイクルを買って正解だったと思っています。

(我が家はストライダー→ケッターサイクルの順番ですが)

 

では、何故ケッターサイクルを選んだのか?どれくらいの期間で乗れるようになったか、紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク


 

ケッターサイクルを選んだ理由

ケッターサイクル

ケッターサイクルはPeople(ピープル )から発売されている商品です。

詳しい商品内容は、

↓ ケッターサイクル | Peopleじてんしゃ

に書いてありますが、1番の謳い文句は、

【補助輪パスして、自転車イチバン乗り】

まさに我が家もコレが決めてでした。

別の記事でも書いていますが、我が家は2歳でストライダーを買い、3歳になる頃には私が追いつけない位の速さで漕いでいました。

つまり、娘はストライダーでバランス感覚をある程度掴んでいました。

 

折角、身体で覚えたバランス感覚も、補助輪をつけてしまうとつけると台無しです。

(メーカー違いますが……。某バランスバイクの講習会で、ストライダーを乗れるようになってから、補助輪をつけるのは非常に勿体無いと言われました)

 

なので、我が家は自転車を購入するなら、

【初めから、補助輪なしで乗させよう】と夫婦で話していました。

 

補助輪は取れるタイプが多いので、ごく普通の自転車でも良かったのですが、折角なら、

  • ストライダーと同じ感覚で、足蹴りから入り、ペダルに移行したい!
  • 幼児期~低学年位まで乗ることを考えると、キャラ物などではなく、至ってシンプルな自転車が良い
  • ストライダーが3kgと軽いので、出来ればあまり重くない自転車が良い(ストライダーに慣れてる分、いきなり重い自転車に移行すると、重さで子どもが断念すると聞いたので)

の点から、ケッターサイクルを選びました。

 

我が家の近くのトイザらスでは、全てのサイズ(12、14、16、18インチ)の試乗が出来たので、サイズは、試乗して決めました。

娘は身長が平均よりも大きいので、18インチです。

 

余談ですが、2歳前の次女も試乗しましたが、12インチなら、乗れそうな感じでした。(というより、またがって乗っていました)

サイズ

スポンサーリンク


練習方法 1【車体に慣れる】

トイザらスで、組み立てや防犯登録までして頂き、家に持って帰ってきたケッターサイクル。

ヘルメットはもともと持っていましたが、練習中、沢山転ぶだろうとプロテクターなども購入し、練習に備えました。

→Amazonなど、ネットで安く買えます。

翌週、パパの休みの日に早速公園へ。

まずは車体に慣れることが目的だったので、もちろん《ペダルなし》で。

 

ストライダーよりも、数倍大きい上に、やはり重さも倍以上。最初は娘も、とまどっていました。

が、やはり自分で「自転車欲しい」と言ったことだけあり、簡単には投げ出さず、倒れそうになっても、何度も何度も乗っていました。

 

乗りはじめてから、30分ほどだったでしょうか。

ストライダーと同じ感覚だということを何となくつかみ始め、スピードをぐんぐん上げて、足を離したり、蹴って走るような感じで出来る様になりました。

 

ケッターサイクルには、パパやママが持ちやすい持ち手「ママキャッチ半どり」がついているので、持ち手を持って少しスピードを出してあげると、あっと言う間に乗れるようになりました。

ただ、スピードがついてくると、結構危ないです。

ストライダーにはブレーキがないので、改めてブレーキの説明をしましたが、いきなり止まることは出来ず……。

 

足蹴りでそこそこスピードがついてきた所で、1回目の練習はお終いにしました。

練習方法 2【ペダルの練習】

ストライダーのおかげで、足蹴りは問題なかったので、我が家は2回目にして、とっととペダルをつけてしまいました。

ケッターサイクルの特徴として、

【取り付けカンタン!ドライブユニット 約5分で自転車モード完成!】と書いてありますが、本当でした。

私はパパのを見ていただけですが、女性でも簡単に出来そうな位、あっさりペダルが取り付けられましたよ☆

 

2回目の練習は、公園には行かず、自宅の前で。

何故ならば……!!!

娘はペダル自体が初めてだから。

 

我が家はストライダーのみで、三輪車も乗っていないかったので、ペダルの乗り物は初!

漕ぐという経験がゼロでした。

従って、ペダルを漕ぐという感覚から身につけることに。

 

手順としては

  • 親がペダルを漕いで見せてみる(親の自転車で)
  • 親が持ち手を持ち、後輪を持ち上げた状態で、ペダルを子どもに漕がせてみる。

 

ということを繰り返し行いました。

とはいえ、ペダルを踏み外したりと、なかなか、最初は上手くいきませんでした。

 

ただ、本人のヤル気が強かったので、少し漕げるようになった所で、親が後ろの持ち手を持ちながら家の前の私道を漕いでみると、漕ぐという感覚が身についたようでした。

 

そこからは、自分で漕いで進むようになり、ペダルも早々と獲得できました!
(幼稚園でも、一切乗らなかった三輪車に乗るように?)

おそらく、この日が1番長く自転車にまたがっていて、合計で1時間半ぐらい乗っていました。

練習方法 3【ブレーキの練習】

ペダルの漕ぎ方もわかってきた所で、次の週は、ブレーキを主に教えました。

先程も述べましたが、ストライダーは、ブレーキがついていないので、止まる時には足で止めていました。

従って、娘は足で止まる感覚がついているので、手でブレーキを握るということが、なかなか覚えられず……。

 

実は、スピードが出ているうちに、足を地面にこすりつけて自転車を止めようとするのはとても危険だそうなんです。

怪我に繋がるとのことで、とにかく、ブレーキを手で握る練習をしました。

 

急ブレーキに慣れてきたら、緩やかな坂道等でもブレーキを少しずつ握る練習などもしました。

あとは、実践型という意味で、私が離れた距離でいて、目の前で急ブレーキで止まってみさせたり。

 

突然止まるとなると、足と手が両方に出てしまうこともありますが、これは、乗っていくうちに慣れそうだと思い、ブレーキの練習は小一時間で終了♪

練習方法 4【真っ直ぐ漕ぐ練習】

持ち手を持っていれば、ペダルもそこそこ漕げるようになった&ブレーキも使えるようになったので、4回目はまた公園にて、ひたすら真っ直ぐ漕ぐ練習をしました。

「1人で漕げそう!」と思っても、基本は持ち手を持って、走りながらついていきました。

 

しかし、30分もやると、親がクタクタ…。

持ち手があるとはいえ、腰にきます……。

 

なので、最初の漕ぎ出しは持ち手を持って、軌道に乗ったら、そっと手を離しました。

すると……!!!

「乗れてる!1人で乗れてるー!!!」

大声出すとビックリして転びそうなので、そのまま後をつけながら、ブレーキするよう指示。

 

まさか4回目の練習で、手を離しても乗れる状態になるとは思いませんでした。

本人も相当嬉しかったようで、その後も何回か1人で(走り出しは、持ち手で支えて)乗ることに成功☆

練習方法 5【ハンドルの練習】

4回目にして、1人で乗れたのが嬉しかったのか、平日も「自転車乗りたい乗りたい」病に。

どこに行くか分からない次女(2歳前)を見ながら、長女の自転車を見るのは結構ハードで、走り出しの時に持ち手で支えることがあまり出来ずにいると、長女は痺れを切らしたのか、自分で漕ぎはじめることに成功◎

そこで、更に自信をつけたのか、その日のうちに何度も自分で漕ぎ出して自転車に乗れるように!

平日だったので、喜んでパパに報告。

 

その後、右に行きたい時は右にハンドルを向けること等、ハンドル操作について説明をしましたが、こちらは、ストライダーとほぼ同じなので、説明したら意味を理解し、すぐに曲がりたい方向に行けるようになりました!

我が家の実体験レビュー

ということで、我が家では計5回の練習で、自転車に補助輪なしで乗れるようになりました。

しかも5回と言っても、何時間も練習中したわけではなく、長くても2時間程度(その間に何度も違う遊び含む…笑)

 

基礎はストライダーで学んでいたので、本当に感覚を掴むまでが早かったです!

 

ケッターサイクルのペダルなしバージョンは、ストライダーと同じ役割なので、この3歳、4歳で初めてコレを買うのもありだなと思いました。

(ただ、3歳で買うと14インチとか小さめなので、幼稚園の間に場合によっては買い直す必要があるかも?)

 

また、良いことばかり書きましたが、ケッターサイクルでちょっと気になるのが【フェンダー(泥除け)がついていないこと】

泥除けとは、その名の通り泥や水が飛ばないようにガードしてくれるもので、ママチャリとか小学生が乗っている自転車にはほとんどついているのですが、ケッターサイクルにはない!

多分、本体を重くしない為だと思うんですけど、プラスでつけた方が良いのか悩んだり……。

でも、幼稚園時代は雨の日とか気候の悪い日に乗ることはないので、我が家は保留に。

 

あとは、今のところ文句なしです!

1番上の18インチでさえ、軽量で作られているので、転んでも娘は自分で自転車を起こせます。

長い目で見ると、つい大きめの自転車を買いがちですが、自分で自転車を扱えるって、大事だなと思いました。

まとめ

ケッターサイクルの練習の仕方や体験談を踏まえて書きました。

我が家は1からケッターサイクルに乗ったわけではないですが、よく子どものことを考えて作られているなと思いました。

自転車もピンキリで色々な種類が出ているので、為になれば幸いです☆

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です