小さくなったオムツの使い道は?ママ達オススメのオムツの使い道7選★

小さくなったオムツ

成長が早い子ども。オムツもあっという間にサイズアップし、小さくて履けなくなったオムツが家に余っていませんか……?

我が家も長女の時を思い出しまとめ買いしたら、次女の体型には合わずオムツが大量に余ってしまいました。

そこで、我が家を始め、ママ友達に聞いた小さくなったオムツの使い道を紹介します♪

小さくなったオムツの使い道★1【嘔吐や下痢など病気の際に使用】

こちらは、個人的に1番オススメの余ったオムツの使い道です!

子どもは、集団生活に入ると、色んな病気をしますよね。特にノロウイルスなどの胃腸炎は、感染力が非常に強いので、一気に広がります。

そんなノロウイルスや胃腸炎の際(嘔吐・下痢の症状)に非常に役立つのが、この小さくなったオムツ!!!

ノロウイルスなどは、嘔吐物や下痢に大量のウイルスが排出されます。

処理をする際は、マスク、手袋など基本防備は欠かせませんが、とにかく吐いたり下痢をする回数が多いので、毎回吐かせたバケツを洗ったり、汚れたパンツを洗うのは大変な上に、処理をした際にうっかり触ってしまったりすると、もうアウト…。。。

また、嘔吐物が乾燥したら、付着した埃とともに空気中を漂うので、一刻も早く、片付け・消毒行わなければなりません。

そんな時、簡単に処理でき、感染を防ぐのに非常に役立つのが、小さくなったオムツ!!!

  • 嘔吐袋としてオムツを使う
    ↓こんな感じ
    嘔吐袋として
  • 下痢の際はオムツを履かせる

オムツが小さすぎる場合は、古パンツにオムツをナプキンのようにテープでつける。

上のようにすることで、小さくなったオムツが大活躍します!

嘔吐袋は、防臭性能が大変優れているBOS(ボス)の袋に小さくなったオムツを入れます。そのまま、縛って捨てるだけなので、親の負担も少ないです。

また、パンツタイプだと、↓の写真のように、オムツを2つ重ねれば、自立するので非常に便利です。

2枚重ね

我が家は昨年、2回も胃腸炎にかかったので、常に寝室に常備しています。

臭いも防げるので、BOS(ボス)の袋はオススメですよ♪


【BOS公式SHOP★驚異の 防臭袋 BOS (ボス)】 ストライプパッケージ ★(SSサイズ)200枚入 ●送料無料● 赤ちゃん おむつ ペット 犬 猫 フェレット ハムスター うんち 処理 エチケット袋 サニタリー 生理用 ナプキン マニキュア 除光液 におい 対策 臭わない


驚異の防臭素材BOS(ボス) うんちが臭わない袋 SSサイズ大容量200枚入 ペット用うんち処理袋【袋カラー:ブルー】

小さくなったオムツの使い道★2【油の処理】

油の処理に活用

これは、私がすっかり油の凝固剤を買い忘れたから知った使い道なのですが……!

実は小さくなって使わないオムツは、油の凝固剤として使えます。私が使ったのは、新生児タイプでしたが、1回分の油をちゃんと吸えて大助かりしました。しかも、やり方は簡単★

  1. オムツの内側を外を向くようにしてから丸める。
  2. 丸めたオムツを厚めのビニール袋の中に入れる。
  3. 冷めた油をゆっくり注ぎます(新生児タイプはすぐにキャパオーバーするので、特にゆっくり注ぎます)

徐々にジワジワとオムツがが油を吸い取ってくれますよ♪

パンツタイプだったら、牛乳パックにオムツをセットするのでもオッケー!
後は、袋の封をして、ゴミで捨てるだけ!是非、お試し下さい。

小さくなったオムツの使い道★3【災害時用】

災害時用に市販の携帯トイレを用意されている方もいるかと思いますが、小さくなったオムツも携帯トイレの代わりになります!

実は、我が家は経験済み。
丸2日、急に水道が使えなくなったことがあり、オムツを携帯トイレにしたことがあります。

予め断水が分かっていれば、お風呂の浴槽などに水を溜めておけますが、災害はいつ起きるか予測できません。

そこでオススメなのが、ビニール袋や紙袋にオムツを入れた簡易トイレ。

先程の嘔吐袋のように、厚めの袋に、オムツをセットします。用を足したらビニール袋の口を縛ってそのまま捨てられるので、先程紹介したBOSなどの防臭力のあるビニールがオススメ。

ちなみに、大人の1回の排尿量は約200~400ml(コップ約1杯~2杯分)と言われているので、余ったオムツを2枚程度、袋にセットしておくと安心です!

小さくなったオムツの使い道★4【保冷剤として】

次女はまだ断乳をしていないのですが、長女の関係で出掛けていると、なかなか授乳できない事があり、張ることもしばしば。
そんな時に、ママ友に教えてもらったのが、余ったオムツを保冷剤にする使い道です。

保冷剤って、氷のように冷たくて固いので、皮膚に当てていると、結構冷たいです。
しかし、熱さまシートのような冷却ジェルシートみたいのだと、胸全体を冷やすには小さすぎる。
そんな時に頼りになるのが、余っているオムツなんです!!!

実は、保冷剤の主成分は水で、製品の98%を占めてきるそう。そして、残りの成分は高吸水性ポリマーです。

高吸水性ポリマーは、知っている方も多いと思いますが、紙オムツで使われている成分!
つまり、紙オムツを水に少し濡らして、凍らせれば、即席保冷剤の出来上がり★

我が家でも、早速作ってみましたが、個人的には冷凍庫ではなく、冷蔵庫の方が、ひんやり冷たくて、快適でした。

高熱が出た時に、首の回りやわきの下、そけい部(太ももの付け根)など、リンパの集まる部分を冷やすのにも、使えますよ!

小さくなったオムツの使い道★5【おまるに敷く】

トイレトレーニングで、おまるを使う場合、1回1回洗うのが実は面倒だったりします。

おしっこをおまるで成功させてくれるのは嬉しいんですが、その後はトイレに流しに行って、お風呂場で洗って~という行動、下の子がいたりすると結構手間です。

しかーし……!おまるの部分に余ったオムツを敷けば、洗う手間がなく、丸めてポイですみます!

ただし。非常に楽でオススメですが、これは子どもの性格にもよって成功しない場合も。。。

ママ友の中には、この使い道は非常に助かったという声がある一方で、我が家では、長女の時におまるにオムツを敷いたら、「何でオムツ敷くの?」「オムツにしていいの?」のひたすら聞かれ、オムツの使い方に疑問を持った娘は、終いにはオマルで座ることすらしてくれなくなりました。。。

小さくなったオムツの使い道★6【ナプキンとして活用】

私自身、次女を出産した後、産院でもらった悪露用の産褥パッドだけでは足りずに、新生児用のオムツを使ったことがあります。

悪露が出るのは、産後~1ヶ月過ぎくらい。
しかし、その頃は、まだ赤ちゃんを外出するにはちょっと早いし、産褥パッドは、そこそこ大きいスーパーやドラッグストアに行かないと置いてない。(1番近所のスーパーに無かった…)

旦那に頼もうかと思いましたが、おそらく指定通りの物を買ってくるのは無理そう…。。。

ということで、次女のオムツや長女の時に使って余っていたオムツを特に心配な夜だけつけていました。赤ちゃんのオムツということで、肌触りも良いし、吸収力も良い◎

私自身は悪露対策として使いましたが、他のママさんは、小さくなったオムツを、家用のナプキンとして使っているという声もあがっていましたよ!

小さくなったオムツの使い道★7【売る!譲る!】

置き場所もないし、とにかく早く片付けたいという方は、売ったり、譲ることで、他の人に活用してもらいましょう!

売る場合は、サイトによって未開封限定だったりするので、まずは確認。

そして、オムツをパックで売ると意外と送料がかかるので、あまりお金にはなりません。
ただ、ジモティーなど、家の近くで手渡しできると、送料もかからないので◎

お金うんぬんではなく、小さくなったオムツを、使ってくれる人に譲りたいという方は、お友達や下の子がいるお友達に聞いてみるのも良いかと思います。

我が家も、次女のオムツを長女のお友達から、譲ってもらいました。
ただし、お友達などに譲る場合は、聞くときは「オムツのメーカーって決めている?」とまず確認を入れる方が良いかもしれません。

オムツはメーカーによって体型や肌に合う合わないなど、個人差があるので。

近くにそんな譲るほどのお友達はいないって方は、保育園や子育て支援施設に聞いてみると、受け取ってくれる所もあるようですよ!(自治体によるので、必ず確認の電話を!)

まとめ

小さくなったオムツの使い道7選を紹介してきました。書き出してみると、意外とオムツって色んなこもに役立つので、サイズが合わなくなっても、取っておくと便利だったりします。(湿気などに弱いので、保存方法には気をつけなければなりませんが)

とくに病気や災害時の時の使い方は個人的にオススメです。お家に小さくなったオムツが余っていたら、是非、参考にしてみて下さいね♪

 

【関連記事】
↓主なメーカーのオムツを比べた記事はこちら♪
⇒ オムツ大調査★市販8種類の比較!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です