初めての七五三!写真の前撮りを含め体験談を紹介

七五三

この記事のテーマは【初めての七五三!写真の前撮りを含め体験談を紹介★】です。

七五三って?基本的情報を紹介

七五三=子どもの成長をお祝いする行事とは認識しつつも、起源やどんなことをしたりするのかって、具体的に知らなかったりしますよね。

私自身も娘が行うまでは、何となく周りがしているから……という程度でした。
そこで、まずは初めに七五三について、軽く紹介しておきますね★

七五三はその名の通り、3歳・5歳・7歳になった年の11月15日に行われるお祝いです。
一般的に男の子は、3歳と5歳、女の子は3歳と7歳でお祝いをすることが多いようです。(地方によって男の子は5歳のみの所も)

どうして、その年に祝うのか?
今と違い、昔は7歳までの生存率が低かったことが関係しています。

医療も今のように発達していないし、薬もない時代。赤ちゃんが亡くなるのは珍しくありませんでした。
その為、子どもの健やかな成長をお祈りするための儀式として始まったとされています。

具体的に述べると…。

  • 【3歳→髪置の儀】
    3歳で髪を伸ばし始める儀式。男女対象。
  • 【5歳→袴着の儀】
    5歳の男の子が袴を着ける儀式。
  • 【7歳→帯解の儀】
    7歳の女の子が、着物帯を着け始める儀式。

これらの儀式が起源となっています。

また、本来は、数え年で行うものとされており、2歳、4歳、6歳の年齢で七五三のお祝いをしていました。

ただ、最近の傾向としては、満年齢で行なうことが多いようです。

ただ、兄弟や姉妹で一緒に行うご家庭もあり、満年齢、数え年は、あまり深く考えすぎなくても良いみたいです。

スポンサーリンク


写真前撮りについて

七五三当日は、神社参拝に食事会など、予定が盛りだくさん。
なので、神社参拝の日とは別に、写真館やスタジオで写真だけ前撮りをする家庭が多いです。

我が家も、七五三当日は、旦那の方の実家近くで参拝&食事会の予定だったので、前撮りは自宅近くの都内で済ませることに。

「前撮りをする時期は、参拝と近い秋位かな…」なんて思っていましたが、ネットで色々と検索していると、早い時期の撮影のほうが断然お得!

しかも、満年齢で七五三を行う場合、3歳の秋って、幼稚園面接があったりで、なかなか忙しい……!

なので、我が家は夏前に七五三の前撮りを行うことに決定しました。

自宅に着物があれば、今時風のお洒落な一軒家の写真館や指定した場所にカメラマンを呼んで撮影なども出来るみたいですが(友達がしていました)、我が家には七五三の着物はありません。

なので、撮影日も着物も借りれて、参拝当日も着物を借りれる(しかも、参拝は旦那の実家で行うので撮影とは違う店舗で借りれる)大手のスタジオで行なうことに決定◎

早速、電話するとまだ4ヶ月だった次女用の着物やらドレスも揃っており、一緒に撮影オッケーとのこと!その上、何着でも着放題!

家族写真って、こういう機会がないと、なかなか撮らないし、我が家にとって、有難い制度ばかりでした。
ただ、気になるのは皆さんお値段ですよね……!

撮影料

実は時期や写真の選び方によっては、かなりお値段抑えられます。

まず、以下の写真を見ていただければ一目でお分かりの通り、断然夏前の方が安いです!
しかも、夏前に撮れば日焼けする前に撮れるので一石二鳥♪

この価格は、参拝当日の着物のレンタル料(メイクや髪なども含めて)
つまり、我が家の当日にかかった料金は3000円。笑っちゃうくらい安いですよね。

ただ、この値段が成立するのは、もちろんスタジオで撮影する方のみ。
七五三当日の着物レンタル料に前撮り撮影料+写真の料金がかかってきます。

写真屋さんがオススメするのは、もちろん七五三パックのような4.5万するコースですが、単品で選べば、正直そんなにしません。

我が家は、次女の産院で頂いた撮影無料券を使い、単品で写真を全て安いキーホルダーに交換(物に変えないと、データがもらえないので)なので、データを8枚買っても2万円位で済みました☆


スポンサーリンク


七五三前撮りの体験談

前撮りの予約をした際、持ち物を尋ねると、愚図った時用の一口お菓子やオモチャを持ってくると良いですとのこと。

早速、スタジオに着くと娘は「わぁードレスだー」と着物を完全無視。
「ドレスも後で着ようね」と話しつつ、着物を選びます。
娘が着物を選ぶかと思いきや、興味なし……。その為、親の好みで前撮り用の着物は選びました。

着物&ドレス選び放題と言いつつも、さすがに3歳(前撮り時点では2歳)には限界があります。

何回も何回も着替えて、ポーズは無理だと判断し、着物2着とドレス1着を選びました。(服が好きな子はもっと撮れるのだとか)

最初は本人もやる気なので、初めに1番良い着せたい着物を着付けてもらい、メイクと髪もセットしてもらいました。
初めての化粧(アイシャドーと口紅をちょっと塗る程度ですが)に、娘も大興奮!

飽きないうちに、サクッと千歳飴を持った写真や、次女とのツーショットをパチリ。
その後は、パパ・ママも入り家族写真も撮ってもらいました。(家族写真を撮るつもりでいたので、パパはスーツ、私はフォーマルな格好で行きました)

その後、着物チェンジ!
娘が着替えているうちに、スタジオのセットもガラリと変身。スタッフの段取りの良さに驚きです。

2着目に着替えてから、既に飽きモード。
持ってきた一口お菓子や、スタッフさんがぬいぐるみを使って、あの手この手で、何とか撮影。

もうこの時点で飽きていたので、ドレスはどうしようかな悩みましたが、「最後にお姫様みたいになれるよ?」と尋ねると、本人のやる気もアップし、ドレスも着たいと主張。

そこで、最後に長女も次女もドレスを着させて頂き、ティアラまでつけて撮影。
長女は、初めて着るドレスにルンルン♪

しかーし、長女が良いポーズ撮っている時に限って、4ヶ月の次女はよそ見。
まぁ、4ヶ月じゃ無理だと途中から諦めましたが…。。。

ひたすら声をかけ続けてくれたスタッフさんに本当に感謝です。

その後は、スタッフと一緒に、写真を選び、購入する物と支払いを済ませ、終了でした。
全ての撮影に1時間、着物選びや写真選びなどで、30分強ぐらいでした。

私が撮ったスタジオは、2週間後にデータと品物が出来上がりました★
(店によって、データは1年後などもあるようです)

七五三当日の体験談

千歳飴

本来の七五三は11月15日ですが、その日は平日だし皆仕事。
旦那の両親は、自営業の為、お店が休みの平日に七五三を行うことに。まずは、その日に都合が合うか、親戚達の予定を調整し……。

  • パパ両親
  • ママ両親
  • パパ兄
  • パパ弟夫婦(+息子達)

の計13人でお祝いすることに。
参拝する神社は決まっていたので、まずは祈祷の予約がいるのか等、ホームページで確認しました。
ついでに、初穂料の相場なども調べておくと、後でアタフタせずに済みます。

意外と抜けがちですが、千歳飴が神社で用意されているかも、聞いておいたり、見ておくと良いかもしれません。

七五三の時期にもかかわらず、近くのスーパーで売っておらず(千歳飴は売っていても、千歳飴を入れる袋入りで売っていない……)慌てて不二家まで行って購入してきました。

我が家が参拝した神社は、大きな神社だったので、立派な千歳飴も売っており、「ここで買えばよかった…」とちょっと後悔。
まぁ、その分、高かったですが。

さて、肝心の当日ですが…。
まずは、着物をレンタルする店に向かう→15分ほどで着付け終了→神社に向かう→家族全員集合→祈祷の受付→祈祷→神社内で従兄弟達や皆で写真→近くの店で食事会→着物を返却

という流れでした。
当日の着物は、事前に来て決めてありました(前撮りした店舗とは異なる店舗の為)

また、食事会では、着物を脱ぐ予定だったので、普段着ではなく、綺麗目なフォーマルな格好を別に持って行きました。
また、どの七五三ブログにも書かれていますが、七五三の持ち物として

  • 履き慣れている靴
  • ヘアピン
  • スパッツ

は必ず…必ず……!必要です。

やはり、草履はかなり歩きにくいようで、神社での写真撮影の際だけ履かせましたが、こっちがヒヤヒヤでした。

また、今回、従兄弟達が来てくれたので娘は大興奮!走り回り、つけ毛が取れる取れる……。ヘアピン命でした。

スパッツはフォーマルでいったので履かせたままでしたが、着物の下はスースーするので寒いとのこと。着せて行って大正解でした◎

他にも、飲食の際や、トイレの際に着物を汚さないために

  • ストロー
  • クリップ(洗濯バサミ)
  • 着物を汚さないためのタオルや寒さ対策のタオルケット

などと書かれていたので、こちらも用意。
娘は普段オムツ外れていますが、この日ばかりは漏れることを心配し、オムツを履かせました。

ちなみに親は、フォーマルもしくは着物が基本のようです。

食事会についての体験談

わざわざ、娘の七五三の為に集まってもらって、祈祷だけしてサヨナラ……ではですよね。
なので、神社近くの飲食店を事前に予約しておきました。

我が家は平日だったので、1ヶ月前の予約で個室が取れましたが、七五三シーズンの週末だと店によってかなり混むようです。

慣れない着物を着て、食事だと私もヒヤヒヤ、娘もしんどいので、食事場所に着くなり、早速、私服のフォーマルに着替えました。(個室だとその場で着替えられるのでオススメです)

その後は、お昼を頂きながら、談笑。
娘も久々に会った従兄弟とキャッキャ言いながら、楽しんでいました。
従姉妹たちもフォーマルの格好で来てくれたので、娘の私服も普段着ではなく、余所行きにしておいてよかったです。

そして、予約時間の終わり頃…。
皆さんから【お祝い金】を頂きました。

実はお祝い金については、全く頭になかったのですが、事前に弟夫婦に持ち物などをリサーチしたところ、お祝い返しをしないなら、手土産とかも必要だねー。と言われてハッと…!

なので、事前に「今日来てくれてありがとう」の意味も含めて、手土産を各ご家庭に用意しておきました。

一般的には赤飯菓子折りが多いようですが、なんせ朝早かったので我が家は菓子折りを買いました。
後日、写真は送ろうと思って胃います。

この辺りは、家族によって価値観や考え方があるかと思いますので、親戚や家族に事前に聞ける場合は聞いておいた方が良いかと思います!

その後は、スタジオにに着物を返却しに行き、無事に七五三終了!

長い長い1日でしたが、確かに娘の成長を感じられて、とてもステキな1日でした。
今度の7歳では、自分で着物を選んだりするんだろうなーと思うと今からワクワクです♪


以上、【初めての七五三!写真の前撮りを含め体験談を紹介★】でした!

色々と準備が必要な七五三ですが、終わってみると、成長が振り返れて、七五三があって良かったなと思います。

写真にも残りますが、こういう行事は、何気ない毎日が幸せなんだと実感させてくれます。長文にわたって、我が家の体験談を主に書きましたが、参考になれば幸いです♪

この記事はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です